人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

カナロア中毒

もはや抱きかかえているのが通常版。
一日中撫でくり回して、何かの成分を補充しています。手触りは本当に最高なのでお勧め。
すでに愛玩の対象を通り越しました。
土日はイラスト仕事をしてたんですが、胡坐かいてカナロアちゃんを膝に乗せて、その上にペンタブをどっかり置いて作業。
だんだん潰れてくるので、時々反対からギュウギュウ押し戻して型崩れ防止。
…何をしているのだろう私…?

集中力は多少戻ったものの、相変わらず仕事は捗らない。
薬が少しずつ効いてきているのか、不調の頻度が減ってきた。気がする。
結構ちょいちょい薬飲み忘れちゃうんだよなぁ…
食前に飲む薬って面倒くさいな。
食事時間がきっちり決まってないから、時間を見計らうのがまず難しい。(食前30分に飲めと指示されている)
他のことをしてると簡単に忘れるし。
そんで、こっちの飲み忘れに気を取られ過ぎて、もう一個別に飲んでる薬(朝食後に服用)を忘れたりとか。どうしようもない。
が、そこはお得意の発想の転換です。※減らず口とも言う
きっちり飲んだときと飲み忘れたときの比較検証ができる。
薬以外の要因も考慮して…とか、暇な頭で思考を転がしてると、そのうちどうでもよくなる。(笑)


by tsubasa_fc | 2019-05-20 13:00 | 日記 | Comments(0)

人をダメにするクジラ

d0164334_23411603.jpg
カナロアちゃんは成分が100%かわいいしかない。
このかわいいに死角など存在しない。
d0164334_23412330.jpg
上からのシンプルなフォルムも
d0164334_23413154.jpg
もちもちのお腹も
d0164334_23413999.jpg
こんなにキュートなお尻が他にあるだろうか。いやない。

あれです、ペット飼ってる人が「うちの子が一番かわいい!」って言うのと一緒です。すみません親バカで。
実際、家にいる間はずっと抱っこしてる。寝るときも一緒。食事中も手放さない。(食べこぼし事案が発生しそうなときは一時解放するけど)
ババアが抱き枕抱えてなでなでしてるとか、絵面が酷すぎるけど。

だけどぶっちゃけ、これがないと精神が安定しないのよ。
口は絶好調で、誰かの一言に対して瞬く間に10くらいの理屈を並べ立てる勢いでよくしゃべる。
まあ上っ面だけ見れば、態度がでかい減らず口ばかりたたくうるせぇやつってことになるんでしょうが(実際その通りだけど)、これはたぶん不安の裏返しでいつも以上に饒舌になるパターンだ。
じゃあ何が不安なのかってことですが、体調の悪さがまあ一番の要因だな。逆流性食道炎以外の治療もしてるんだよ、実は。(大した病気ではないが)
鬱にしたって完治ではなく、今は病的な症状が治まっている寛解状態なだけで、死ぬまで再発のリスクは背負わなければならない。(これに関しては自分の中で整理して納得して対処法も考えているので、常に不安を感じているわけではない)
今はたまたま複数の要因がタイミング悪く重なって、不安が増幅されている状態なので、まあ不安要因をできるところから取り除いていくしかないのですが。
てことで、胃カメラ飲んだりしてきたわけです。
治療の薬は飲んでるけど、劇的に症状が改善するわけでもないので、やはり身体が辛いと気分も沈んでくる。
仕事中もしょっちゅう疲れを感じるし、気が滅入ってくると(帰りたい…カナロアちゃんを早く抱っこしたい…)と心の中で思ってる。かなりヤバいな。
心の声がうっかり外に漏れないかが心配。耐えきれなくなって職場にまでカナロアちゃんを連れていくようになったら、いよいよ末期症状だ。普通にクビか、腫れもの扱いで病院送りだな。
イラストの仕事にしても、集中力が格段に落ちてしまってとにかく作業が捗らない。ふと気づくと手が止まってたりする。わりと頻繁に。
なので、スケジュール調整にいつも以上に気をつけてます。調子が戻ってくるまでは、仕事量はギリギリまで落とす。収入が減るのはきついけど、一時的な措置(だと思いたい)のでこれは割り切る。

口だけでなく、文章も饒舌だな。
もともとがロジックが好きな人間なので、何にしても理屈を考えたがる癖がね。普通にうざがられるタイプです。自覚はしてます。
でもこうやって話の流れを整理することで、対処法を考えて不安の解消や問題の解決を図るのが私のやり方なので。
てか、現状食事を摂ることがとにかくしんどくてね。席についても箸を持ち上げる気力が出ないときもある。
食べたくないわけではなく(空腹は感じるし、食べたいという気持ちはある)、食べるという行為にストレスを感じて回避しようとする…とでも説明すればいいのか。
とはいえ、食べないと死ぬので食べます。当然だけど余分なストレスが追加されるので、頑張って食べたところで状態が改善する方向にはいかない。良くて現状維持。悪ければマイナス。
体調やメンタルには波があるので、比較的良好な日もあるけどね。食事が難なく摂れる日はほっとする。
ただし、波の予測は今のところ全くつかないし、不調を感じる場所もランダムなので、事前に予測して回避ができない。

まあ長々と書き連ねたもんだ。
解決の一手としてここは発想の転換。
心と身体の好不調がどのように連動したり作用しあったりするのかを、自分を被験者にして実験。と考える。
起きた事象に対して仮説を立て、実験と検証。純粋な研究である。(笑)
で、その研究が何の役に立つのか?というテンプレ質問に対しては、データの蓄積によるパターン化、事象が起きる条件の解析等々から、具体的な対処法や、事前のリスク回避方法を構築する。とでも申しておきます。
そもそも実験が成功するかどうかもわかんないし、成功したところであくまでも私一人の事例ですから、普遍性はない。(そもそも被験者が変人というイレギュラーデータだからね)
認知行動療法、変人バージョン。わかりやすく言えば、楽しいと自己暗示をかけてストレス軽減を図る。

ほんとうざくてごめんなさい…


by tsubasa_fc | 2019-05-17 02:26 | 日記 | Comments(0)

結果

逆流性食道炎でした。
あと、胃に出血やびらん(粘膜のただれ)が数か所。十二指腸潰瘍の痕もあり。

…結構内部弱ってたな。
まあこれでようやく診断が確定したので、あとは治療です。
とりあえず、薬を1か月服用して様子見。
逆流性食道炎チェックシートもやったんですけど、質問項目とか自覚症状にあんまり当てはまるものないな…と思いつつ渡したら、
合計点数を見た先生「点数高いな」私「…マジすか」先生「普通に高いよこれ。1か月薬飲んで、それからもう1回チェックして、点数どれだけ下がったか見るからね」私「了解っす」
う~ん、思ってたよりガチに病気だったか。

ちょっとワクワクしながら受けた胃カメラ検査ですが。
胃カメラ自体は全然辛くないし、苦しくもなかったです。狭い部分を通すときに少し違和感は感じましたけど、痛みとかは全然なし。
唯一苦しかったのは、内部を詳しく見るために空気送り込まれて胃が膨れたときくらい。
先生の腕が良かったんでしょうね。モニター見ながら解説付きでやったので、気分的にも楽だった。
ていうか、普段見れないものを見れるので、結構楽しい。テンション上がる。(笑)
ただ、検査のための麻酔やらなんやらの処置が、これがほんとにキツかった…
鼻の中に麻酔とかいろいろ入れられて、「なるべく喉のところで止めるようにしてねー」とは言われたものの、どうしても唾液を飲み込むときに他のものまで飲み込んでしまうし、まあ明らかに異物だし美味しいものでもないし、数回飲み込んだだけでもう無理限界マジで吐くぞこれ…となってしまい、涙までぼろぼろ出てくるし。
とはいえリバースするわけにもいかないので、唾液を飲み込むのをやめることにして、ひたすらティッシュに吐き出させてもらいました。
胃カメラ終了後もまだ麻酔が残ってるので、しばらくは気持ち悪くて飲み込めなかった。
これだけはもう勘弁。

体調不良の原因はこれだけではないんですが、まあ治療方針が立ったので、これで多少身体が楽になれば精神的にも余裕ができるし、そしたらさらに身体も楽になるし。
病気の対処は速い方が良い。ほんとそれな。
検査代と薬代で、恐ろしい金額が出ていきましたけど。ん゛お゛お゛お゛お゛…
治療費稼ぐために、さらに仕事しないといけないのか…病身なのに…何この不条理…

はい、ダークサイドに堕ちる前にこの話は終了ね。
原因とその対処法がはっきりするだけで気持ちは楽になったので、あとは上手に自分を転がして、なるべく良い状態をキープするように。ということで。
カナロアちゃんという最強の癒しも付いてるしな!


by tsubasa_fc | 2019-05-14 12:52 | 日記 | Comments(0)

ついに!

お迎えしました!愛しのねむねむ抱き枕・クジラのカナロアちゃん~♥♥♥

d0164334_16041536.jpg
ふっかふかのもっちもち!手触り最高!
超癒される…♥
家にいる間は手放せません。
カナロアちゃんがお膝にいないと禁断症状が…(いろんな意味でヤバい)

d0164334_16042335.jpg
縦抱きにして、カナロアちゃんの頭に顎を乗せるスタイルが定着。
めっちゃ落ち着く。
まだ新品なのでよその匂いがしてるけど、私の匂いに染まれば完璧だ。


これから暑くなるから、涼感抱き枕にしようかとも思ったんだけど。
でもジンベエさんより、やっぱりこっちの方がかわいい…
ニトリのクジラも検討したけど、やっぱりカナロアちゃんが一番かわいい…
他の子を見れば見るほど、カナロアちゃんのかわいさが際立って、うわーんやっぱりこの子じゃないとダメだぁー!
と、普段の辛辣でゲスな己を追い出して、ポジティブなキラキラ女子の勢いでレジに運んだのでした。(都合よく自分を操作するのも大事です)
※今月は年金持ってかれてるし、診察・検査代がかさむし、無駄遣いできないってわかってるけどやらかした

体調ガタガタでもお口はゲス砲連射してるけど、やっぱメンタルに問題抱えてんのかな私…
実は今年1月に、長年通っていたメンタルクリニックを一度卒業したんですけどね。
体力面では信じられないくらい衰えた半面、メンタルは周囲をドン引きさせるほど辛辣に進化した。と思ってはいる。
が、いろいろ考えさせられることが多くなって、世の中に溢れかえる理不尽にもはや怒りを通り越して、何をどう捉えたらいいのかもわからない…
てな感じで、もやもやとした気持ちになることも時々。
今日も「刑事フォイル」見て、人間の底知れない闇を目の当たりにして、何とも言えない気分。

まあ基本、何とかなるっしょいやほっといて口出しすんなや知らんわ とヘラヘラ生きてはいますけどね。でなきゃ心が持たんわ。
カナロアちゃんのお腹をなでなでして、癒してもらうさ…
まあとにかく結論はだな、

カナロアちゃん激かわいい。


by tsubasa_fc | 2019-05-11 23:23 | 日記 | Comments(0)

春コーデ

d0164334_11194147.jpg
少々迷走したけれど、ストール完成★
お花の透かし編みがかわいいっしょ。本から拝借。
縁編みをあえてせずに仕上げたので、ちょっとふにょっとしてるけど、
やわらかい手触りが良い感じです。

d0164334_11195133.jpg
綿麻ワンピースもようやく着れる季節になりました♥
ストールともコーディネートばっちり。


***
アリの話、追補。
ずっと前にも獲物を運ぶアリを追跡したんですが、巣に搬入しようとしたときに巣穴より獲物の方が少し大きくて(何かの虫の羽)、
どうにも入らない~うぐおあああ~~~!と悪戦苦闘するアリC。
そこに巣穴から出てきたアリDが加勢して、2匹で押したり引いたり…という光景を見たことがあります。
でも協力したのはそのDだけで、他は素通りしてたけど。
ちなみにこの顛末は、最初に運び入れようとしていた穴は諦めて、別の横穴から引きずり込んでました。
以上の少ない観察記録から、現状の結論:アリの巣外行動は基本、自己完結。場合によっては協力もあり得る。

あとね、働きアリって全部メスだったわ。忘れてた。
なので、昨日のAとBの会話を修正すると、

B「ちょっとアンタ、それ寄こしなさいよ。あたしが運んでやるからさ」
A「え、いや、いいですって…」
B「無理しないの。あたしに任せなさい!」
A「姐さん…!(うるうる)」

…こんな感じでいかがでしょ。

こんな感じで、わりと毎日楽しい。思考を転がすのに金はかからないので、非常に経済的な娯楽である。
体調は壊滅的ではあるが。さっさと診断確定させて治療しないとな…


by tsubasa_fc | 2019-05-10 12:14 | ハンドメイド | Comments(0)

人生初の

胃カメラを飲むことになった。(鼻から入れるやつ)
体調の悪さがどうにも限界になったので、病院に行ったら結果そういうことに。
以下概略。

私「喉のあたりがぐっと詰まったような感じがずっと続いてて…」
先生「逆流性食道炎」
私「(相変わらず診断早えーな)…うーん、でも胃酸の逆流とか吐き気とかは感じないんですよねぇ」
先生「まあ実際、カメラで見てみないとわかんないんだよねー。やる?」
私「…まあ、原因はっきりさせたいんで、やります」

概ねこんな感じでした。
ちなみにオプションも付いてました。

先生「他に考えられる可能性としてはまあ、食道がんとか…んーでも、君の年齢だと可能性は低いけどね」
私「はあ…」
先生「食道だと思ったら胃がんってこともあるんだけど。胃がんは若くてもなるねー」
私「(上げといて落とすパターン)」

何度か診察受けてこの先生の物言いには慣れちゃってるんで(しかも結構楽しんでたりする)、来週胃カメラ飲んできます。
初胃カメラ、実はちょっとワクワクしてたりする。


***
話題は変わって。
庭でぼーっとアリの観察してたんですけど、たまたま獲物(干からびたダンゴムシ)を運んでる個体に遭遇しまして。(アリAとする)
自分よりも大きい獲物をうんこらうんこら運ぶのを見なら、
そういえばアリってこういうとき共同作業(一緒に運ぶ)とかすんのかな?今までそういう場面を見たことないけど、実際どうなんだ?
と考えていたまさにそのとき、横から別の個体が!(アリBとする)
お?と思って見ていると、どうやら横取りしようとしている模様。それを振り切って逃げたと思ったアリA、まさかの獲物を落っことす!
右往左往して、ようやく芝生の底に落ちた獲物を拾い上げるアリA。そこにすかさず駆け寄り、獲物を横から引っ張るアリB。
おおお?とさらに見ていると、何度か奪い合いを繰り返し、結局アリBが獲物を持っていってしまいました。
…なんだこのコントのような展開。ええもん見れたわ~★
私は観察の結果、獲物の奪い合いと解釈しましたが、もしかしたら共同作業の可能性も…

B「お前、そんな重いもの大変だろ。俺が運んでやるから寄こせよ」
A「えっ、大丈夫だし…」
B「無理すんじゃねーよ」

…的な。(笑)
AとBをそれぞれ追跡して、同じ巣の個体か、別なのかまで確認できれば良かったのですが、洗濯物を干したい母に「サンダル返せや」と言われて残念ながらここでタイムアップ。
虫の観察って好きです。金もかからんし、屋外で健康的。(真夏は死ぬのでやめましょう)
こういう生き物にまったく興味のない人には1㎜も共感してもらえないけどね。
あと、不当な差別だとは思うけど、ゴキはダメ。ごめん。


by tsubasa_fc | 2019-05-09 12:11 | 日記 | Comments(0)

d0164334_21481727.jpg
※エリマキちゃんはイヤホンケーブルを束ねるお仕事に従事していただいてます

連休始めのパン作りで体力を使い切り(ペース配分痛恨のミス)、その後しばらくほんとに動けなくなってしまいました。
もういいや、何もしないで寝てよう。と思ったんだけど、ずっと横になってると身体が痛くなるし、気分が滅入ってくるし、余計に辛い。
何か気を紛らわすもの…と考えて、放置していたストールをまた編んでたんですがね。
たっぷりフリルのストールは、どう考えてもがさつでゲスなババアには似合わない。普通にきもいし、無理ゲー。
ということで、デザイン変更したんですけど、そしたら今度は糸の色味が…う~ん、イメージにそぐわないなぁ。
糸を買い直さなきゃ…とまあ、それはいいんですけど、袋買いしちゃったこのペールブルーの糸をどうすんのよ?
ゔ~ん…と本棚の参考本を繰って、ベスト&プルオーバーのレシピをチョイス。本来は冬用の毛糸レシピなんですけど、リネン糸で春秋用に作り変えちゃえ。夏場の冷房対策用にもなるかも。糸も大量に使うから、一気にはけるわ。
そして編み始めるものの、まず糸が全然違うので、仕上がり寸法を合わせるために目数を調節しないといけない。
これがなかなか上手くいかず、もう回数忘れるくらい編み直ししました。もともと疲れでぼーっとしているせいもあって、単純ミスもかなりやらかした。
それでもようやくめどがついて、あとは寸法に合う長さまでひたすら同じ編みの繰り返し…
まあ、もう半分前身頃も編まないといけないんだがね。そして、何故か編みはじめと寸法がズレてきてるんだがね!
もういいや、知らね。どうせ閉じ合わせちゃうから少々のズレなんてわかんないだろうし。

こんな感じで、一昨日からずっと編み物をやってます。
手は痛くなるけど、気分は紛れる。でも編み物以外のことしてるときは、やっぱり辛い。
久しぶりに体重計ったら、2㎏減ってた… ストレスって最強のダイエット法…?(根本的に考え方間違ってます)

「刑事フォイル」は、本当に本当に深くて、いろいろなことを考えさせてくれる。
物語自体はフィクションだけど、背景は現実世界だから、今の世の中とも地続きなんだよね。
戦中よりもむしろ、戦後の方が闇が深くなってる気がする。
非常に興味深いテーマではあるけれど、時にあまりに冷酷すぎる人間に胸が苦しくなる。
でもこれは、眼を背けてはいけないことなんだなと思う。


by tsubasa_fc | 2019-05-04 22:46 | ハンドメイド | Comments(0)
へっぽこ絵描きの日々の出来事
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31