MASTERキートン Reマスター (ビッグ コミックス)

浦沢 直樹,長崎 尚志/小学館

undefined


昔、はまりにはまったMASTERキートン。
少ないお小遣いで一生懸命全巻そろえたものです。
その新作が出るとなれば、読まずにはいられないでしょ!
てことで、この前風邪ひきながら買いに行ったのはこれでした。(でもなかったんだけど)

以前のテイストはしっかり受け継ぎつつ、現代の情勢を織り込んだ緻密なストーリーは相変わらず面白いです。
だけどね、これ、話はフィクションだけど、背景となる問題は現実のものだから、正直読んでてつらいです・・・人身売買の話とか特に。
世の中、全然よくなってねぇじゃん、と絶望すら感じる。
「栄光の八人」とか、痛烈な批判だね。

こんな風に感じるようになったのは、私が少しは大人になったからでしょうか。
前作は無邪気に楽しんでたけど、今読んだら違う受け取り方になるかもしれない。
年末にじっくり読み返してみようかな。


[PR]
by tsubasa_fc | 2014-12-10 17:00 | | Comments(0)

本棚大掃除

今日から楽しい冬休み。
時間ができたので、ちょっと本棚の整理をするかと思い立ち、もう読まない本、買ったけど読む気がなくなった本、聴かなくなったCDをBOOKOFFに持ち込んできました。
思いのほかすごい量になって、チャリンコに積んだらふらふらするの。(笑)
もう古くて埃だらけ、しみだらけの本もだいぶあったので、値段がつけば御の字だなと思っていたので、思ったよりも売れたのは嬉しかった。(半分は全く値がつかなかったけどね)
これで少しは本棚に余裕もできて、すっきりしました。
モノがあり過ぎる生活というのも、気疲れするもんだね。

というわけで、ちょこっとお小遣いができたので、早速新しい本を探すわたくし。(あれ?)
「さよならソルシエ」の2巻があったので、さくっと買ってまいりましたー。
ゴッホって、私にはちょっと特別な思いがある画家なので、というか早い話がテオ萌えで1巻を買ったのですが、その終わり方がなかなか怖いというか、ゾクゾク来たので2巻も気になってたんです。
ヤボ用を済ませたら、ゆーっくり読みたいと思います。楽しみは後に取っておかないとね!


[PR]
by tsubasa_fc | 2013-12-27 15:51 | | Comments(0)

読書中

あまりの暑さに何もする気が起きないので、ごろごろしながら本棚に突っ込んでいた本を引っ張り出して読んでます。
「新トロイア物語」と「介子推」をごちゃまぜにして読んでますよ・・・(笑)
こういうの、私は好きなんだなって思います。
時も場所も全然違うけど、でも似てる。人を突き詰めて描いてるところとか。
「獅子王アレクサンドロス」もまた読んでみようかな。
以前読んだ時は「新トロイア~」に比べていまいちな感じだったので(アレクサンドロスに感情移入できなかった)、手元には置いてないんですが。
「リスボアを見た女」も読んでみたいんだけど、図書館にも古本屋にもない・・・
なんだかんだ言って、私ってやっぱり阿刀田さんが好きなんだな。
宮城谷さんも好きだけど、ひとつの話が長いので、なかなか通しで読めないのがつらいところ。図書館に行っても必ずどこかの巻が抜けてるんだもん・・・

もうちょっと涼しくなったら、BOOKOFFに行って、いろいろ探してみようと思います。
[PR]
by tsubasa_fc | 2013-09-01 01:11 | | Comments(0)

「新トロイア物語」

読了しました~。
面白かった!読ませる文章なので、ガンガンいける。人物造形と考察が深いので、どのキャラにも納得がいく。
もちろん主人公のアイネイアスも、とっても魅力的です。
トロイアが舞台の時はまだ脇役的ではあったけど、成長とともに頼もしくなっていく姿が眩しい。エスぺリアに着いてからは、本当にカッコいいです。
ああ、描きたい。自分の思うままのアイネイアスを描いてみたい。
できれば利発で可愛らしい少年時代と、立派な勇者に成長した姿と、2枚。

カイエタさんも好きでした。
複雑な境遇の人物ですが、自分を不幸だと嘆くのではなく、与えられた境遇を自らの智恵と勇気で生き抜いていく芯の強さが感じられる人です。
カイエタも描きたい・・・。初めて読んだ時から、頭の中にイメージがありました。
アイネイアスと一緒に夕刻に花を摘むあのシーンとか・・・描きたいなぁ。

しばらくは読み返しつつ、ゆっくり構想を練りたいと思います。
[PR]
by tsubasa_fc | 2012-03-09 16:57 | | Comments(0)

トロイア2

ヘクトルが死んでしまった・・・。
ううう~、アキレウスの馬鹿ー!
ひっそりと服喪中です。

でも阿刀田先生の人物造形が巧いので、好き嫌いはあるにしても、どのキャラクターも魅力的です。
優等生のヘクトルも一点の過ちを犯したからこそ、逆にさらに魅力が増して好きになりました。
アガメムノンの狡猾さと残忍さが突き抜けていて、関わり合いには絶対なりたくないけど、傍から見ている分には面白い。

一気に読んでしまうのはもったいないので、少しずつ少しずつ・・・。
相変わらずひとりで訳のわからないことをほざいててすみません。^^;
[PR]
by tsubasa_fc | 2012-02-24 22:44 | | Comments(0)

トロイア

「新トロイア物語」をちょこちょこと読んでます。
ずいぶん昔に一度読んだきりで大半は忘れているので、ワクワクしながら読んでます。
ヘクトルが優等生過ぎてちょっと煙ったい気もするけど、でもやっぱり好き。
あと、パリスの造形が結構いいなと思います。好きなタイプではありませんが、こういう人間もありだなと。ヘレネとのくだりもこれなら納得がいくかなぁという感じです。
今はヘレネをかっさらってきたところまで読み進みました。まだまだ先は長い。その分楽しみなわけですが。
阿刀田先生の人物造形はやっぱり巧いな。アイネイアスの成長に期待v
[PR]
by tsubasa_fc | 2012-02-18 13:29 | | Comments(2)

一日江戸人

杉浦日向子さんの「一日江戸人」を買いました。
例によって古本で。105円也。(笑)
杉浦さんの描く江戸の空気感というのはすごく好きだし、秀逸だと思います。
そんな杉浦さんの江戸案内本、これは絶対面白いだろう、と。
一度に読むのはもったいないので、少しずつ少しずつ。

「百日紅」の下巻は古本屋に出てこないので、新刊で買うしかないかなと思ってます。

今年のCELTIC CHRISTMAS、なかなか面白そうな構成です。
まだ迷ってますが、行きたい気持ちがじわじわ高まってきてます。
[PR]
by tsubasa_fc | 2011-05-23 10:42 | | Comments(0)

CDと本と

"Nordik Tree"が届きました!
わぁぁぁい♪ 在庫あったんだ、よかった。
届いたCDを見てはにまにまと笑っております。
来週はライブだし、しばらくNordik Treeをみっちり聴き込みますよ!

それから今日は久しぶりにBOOK OFFに行ってきました。
最近開店したばかりのお店で、チャリンコで15分足らずです。
今まで近くに古本屋がなくて困ってたのですが、これからはちょいちょい覗いてみようと思います。
今日は漫画4冊と画集を1冊買ってきました。
杉浦日向子さんの「とんでもねえ野郎」を保存用に、「百日紅(上)」は杉浦さんがどんな切り口で北斎を描くのか興味があってお買い上げ。
それから気になっていた「テルマエ・ロマエ」が1巻だけあったので、とりあえず読んでみようと。
あとは以前からちびちびと集めている「ギャラリーフェイク」が1冊。
画集はきたのじゅんこさんの「精霊の国」です。表紙がちょっと汚れてるんだけど、中身は綺麗だったので105円なら惜しくないとこれも買い。繊細なイラストにうっとりです。

本当はちゃんと新刊で買って印税収めた方がいいとは思うんですが、なにしろ慢性金欠病ですので・・・
だって画集1冊の値段で、今日の5冊分買っておつりがくるくらいだもん。
作者さんには申し訳ないと思いつつ、古本買いはやめられません。

本日の戦利品。
d0164334_17411612.jpg
[PR]
by tsubasa_fc | 2010-10-23 17:46 | | Comments(0)

「鏡は横にひび割れて」

昼過ぎから夕方までだーっと読んで、先ほど読了しました。
途中で犯人がわかってしまいました。私にしては(かなり)珍しく。
「絵」「子ども」「病気」のキーワードでピンときました。
最後はまあこれがいちばん丸く収まるのかな・・・と思いますが、ちょっとすっきりしない気分が残るかな。
でもこのままいくと死体が増え続けそうだったし・・・
とはいっても、やっぱり人殺しはよくない。と思います。
テニスンの詩の美しさが救いになってます。

ミス・マープルは今週と来週も放送するんですね。
でもあらすじをちらっと見たら、来週のは見たことあるやつばっかりだった・・・
細かい部分とか犯人とか忘れてるのもあるけど、たぶん見たらすぐ思い出しそう。
[PR]
by tsubasa_fc | 2010-09-20 18:56 | | Comments(0)

ベル デアボリカ

坂田靖子さんの「ベル デアボリカ」1巻を買いました♪

・・・面白すぎ!
剣と魔法の本格ファンタジーが好きな方には特にお勧め!
さりげなく描かれる背景世界観が巧みで、物語に厚みが出てます。
もうあっという間に作品世界に引き込まれてしまいました。
(ケルウォースの宴席を一度見てみたい・・・笑)

気随気儘なヴァルカナルと、まじめで誠実なツヴァスさんの組み合わせが絶妙です。
ツヴァスさん、いい人すぎっ。婿に欲しいわ。(笑)

まだまだ物語は始まったばかりで、これからどう進んでいくのか・・・とても楽しみです。

第1話と最新話はこちらでタダ読みできますよ~。
[PR]
by tsubasa_fc | 2010-09-01 19:42 | | Comments(0)
へっぽこ絵描きの日々の出来事
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31